加工も現在では自動化が主流

製品の加工を行う場合、手作業で行う部分も多いのですが、現在ではどんどん自動化が進んでおり、機械を導入して加工を行う会社も増えています。
そこで株式会社マス商事でも、加工工程を自動化するための機械を取り扱い、提供を行っているのですが、詳しく内容を確認していきます。

・3Dプリンターを使えば複雑な加工も手軽にできる

株式会社マス商事で導入している加工工程に使う機械の中には、3Dプリンターがあります。
3Dプリンターというのは、プログラムを使用することで複雑な切削加工を行うための機械です。
手作業では難しい加工も簡単に行えますし、いろいろな素材に対応しているのも大きなメリットでしょう。
金属加工であればマシニングセンターなどを使うことで、複雑な加工をすることも可能ですが、3Dプリンターならプラスチックや石膏なども加工することができるのです。
もちろん金属の加工を行うこともできるので、かなり万能な機械だと言えるでしょう。
株式会社マス商事で取り扱っている3Dプリンターは、Roland DGというメーカーの物になります。

・プリント基板を分割するための重要な機械

プリント基板の製造を行っている場合には、プリント基板を分割する必要が出てきます。
分割するためにはカットする作業が必要になるのですが、カットするとバリが出てしまう、亀裂が入ってしまう可能性があるなどの問題が発生することもあります。
そこで株式会社マス商事でも取り扱いのある基板分割装置を導入することで、ミスが少ない上に、バリの発生も抑えられる高品質なカット作業が可能になるのです。
株式会社マス商事で取り扱っている基板分割装置は、どれも小型で省スペースとなっているので、あまり機械の設置場所が取れないという場合でも気軽に導入できます。
もちろん株式会社マス商事では、きちんと機械の使い方、メリットやデメリットについても説明も行っているので、導入時に気になることは何でも聞いておきましょう。

・加工装置を使って効率アップ

製造業もいろいろなジャンルがありますが、物づくりを行う上で重要な加工といえば、やはり切削作業でしょう。
とても重要な切削作業を行ってくれる加工装置も、株式会社マス商事は取り扱っているのです。
株式会社マス商事が提供している加工装置では、樹脂や金属の加工が可能になっています。
小ロットや試作品などにも対応できるので、新しい製品を作る際にも役立ちます。
小型で複雑な加工も行えるので、精密部品の製造など、スピードと正確性、制度が重要視される場合に力を発揮します。