マウンターの導入も行っている

株式会社マス商事では、マウンターの導入も行っているのですが、マウンターというのはどのような機械なのか、どのように使用されているのかなどを紹介していきます。

・搭載工程で使用されている機械

株式会社マス商事が行っている搭載工程で、導入されている機械の多くはマウンターになっています。
しかし、マウンター以外にも株式会社マス商事では取り扱っている機械があるのです。
それは部品挿入機やソフトウェアの導入です。
部品挿入機はアルファーデザインというメーカーの物を使用しているのですが、挿入した後のクリンチやカットなどを行う機械になります。
挿入する位置を間違えないようにする機能や、未実装などを防止する機能が付いている製品です。
他にもソフトウェアを導入することで、効率的で生産時間を短縮することが可能になります。

・マウンターとは何か

株式会社マス商事が搭載工程で使用している機械は、マウンターと呼ばれている物が主流となっています。
株式会社マス商事が使用しているマウンターのメーカーはヤマハで、たくさんの種類を取り扱っています。
このマウンターという機械はどのような物なのかというと、簡単に言えば電子部品を自動で決められた場所に設置するための物です。
電子部品はプリント基板と呼ばれている物にはんだ付けをして取り付けるのですが、手作業ではかなりの能力を必要とします。
数が少なければまだよいのですが、数が多いと時間がかかりすぎるので、マウンターを導入して機械化したいという要望があるのです。
画像で設置場所を認識することができ、電子部品はトレーなどで運ばれ、所定の場所に取り付けることができます。
導入する場合には、適切なマウンターを選ぶことが重要ですが、どれがよいのかわからないこともあるでしょう。
そんなときには株式会社マス商事の担当者に、遠慮なく聞いておきましょう。

・マウンターのメリット

マウンターを導入することで、いろいろなメリットがあります。
最大のメリットは、電子部品をプリント基板に自動で取り付けてくれるので、作業時間を大幅に削減できることでしょう。
他にも正確な作業が可能になるので、設定方法を間違えなければ、ミスをする心配も殆どありません。
中には多言語に対応している種類もあるので、外国にある工場に導入することもできるのが大きなメリットです。
株式会社マス商事ではいろいろな種類のマウンターを使用しているので、わからないことや不安なことは導入をする前に相談をしてみましょう。