admin

新卒も中途も積極的に採用している

中途の経験者しか採用しない会社が多い昨今ですが、株式会社マス商事では新卒も中途も積極的に採用しています。
そんな株式会社マス商事の採用情報について詳しく見ていきましょう。

・新卒採用について

株式会社マス商事では、新卒の採用も積極的に行っており、ホームページ上からも応募が可能になっています。
各種条件もしっかりと書かれているので、応募する際にはきちんと読んで納得してから連絡をしましょう。
重要な点は多数ありますが、応募条件や給料、福利厚生や勤務地、仕事内容などは特に重要です。
不明な点があれば、面接のときに聞いてみるのがよいでしょう。
現在株式会社マス商事では学科に関係なく募集していますが、新卒の場合には大学卒や大学院卒を募集しています。
また、応募条件は変わってくることもあるので、事前の確認は必須になります。

・中途採用について

株式会社マス商事では、新卒の採用だけではなく、中途採用も行われています。
中途採用の場合、給料は経験や能力によって変わってきますが、経験年数や未経験でも問題がないかは記載されていないので、事前に聞いておきましょう。
福利厚生や勤務時間、休日などは新卒でも中途でも変わりはありません。
株式会社マス商事で募集している職種は、時期によって変わってきます。
これはどこの会社でも一緒なので、自分が働いてみたい職種の募集が出るまで待つのもよいですし、どうしても株式会社マス商事に入りたいと思うのであれば、すぐに応募するのもよいでしょう。
中途採用の場合でも、募集内容はきちんと確認しなければいけません。
後になって話が違う、このようなことは書かれていないなどというトラブルを避けるためでもあります。

・応募する方法

株式会社マス商事の求人に応募したい場合には、基本的にはホームページに設けられている応募フォームに必要事項を記入し、送信をします。
問い合わせなら電話でも行えますが、応募する場合にはきちんと応募フォームが設けられているので、応募フォームを利用するべきでしょう。
問い合わせ内容の欄に、問い合わせや採用応募、見積依頼などの欄があるので、採用応募を選んで必要事項を記入してから送信します。
必要事項は必ず記入し、誤字脱字がないように注意しないといけません。
もし応募もしたいけれど、聞いてみたいこともある場合には、採用応募を選択した上で、メッセージの欄に必要事項を記入しましょう。
必要事項はわかりやすく簡潔に書くのがおすすめです。
後は株式会社マス商事から返信が来るのを待ち、指示に従って面接などを進めていきましょう。

管理人推奨サイト→→→ 株式会社マス商事西日本支店(大阪市淀川区宮原/電子機器・部品)-iタウンページ

加工も現在では自動化が主流

製品の加工を行う場合、手作業で行う部分も多いのですが、現在ではどんどん自動化が進んでおり、機械を導入して加工を行う会社も増えています。
そこで株式会社マス商事でも、加工工程を自動化するための機械を取り扱い、提供を行っているのですが、詳しく内容を確認していきます。

・3Dプリンターを使えば複雑な加工も手軽にできる

株式会社マス商事で導入している加工工程に使う機械の中には、3Dプリンターがあります。
3Dプリンターというのは、プログラムを使用することで複雑な切削加工を行うための機械です。
手作業では難しい加工も簡単に行えますし、いろいろな素材に対応しているのも大きなメリットでしょう。
金属加工であればマシニングセンターなどを使うことで、複雑な加工をすることも可能ですが、3Dプリンターならプラスチックや石膏なども加工することができるのです。
もちろん金属の加工を行うこともできるので、かなり万能な機械だと言えるでしょう。
株式会社マス商事で取り扱っている3Dプリンターは、Roland DGというメーカーの物になります。

・プリント基板を分割するための重要な機械

プリント基板の製造を行っている場合には、プリント基板を分割する必要が出てきます。
分割するためにはカットする作業が必要になるのですが、カットするとバリが出てしまう、亀裂が入ってしまう可能性があるなどの問題が発生することもあります。
そこで株式会社マス商事でも取り扱いのある基板分割装置を導入することで、ミスが少ない上に、バリの発生も抑えられる高品質なカット作業が可能になるのです。
株式会社マス商事で取り扱っている基板分割装置は、どれも小型で省スペースとなっているので、あまり機械の設置場所が取れないという場合でも気軽に導入できます。
もちろん株式会社マス商事では、きちんと機械の使い方、メリットやデメリットについても説明も行っているので、導入時に気になることは何でも聞いておきましょう。

・加工装置を使って効率アップ

製造業もいろいろなジャンルがありますが、物づくりを行う上で重要な加工といえば、やはり切削作業でしょう。
とても重要な切削作業を行ってくれる加工装置も、株式会社マス商事は取り扱っているのです。
株式会社マス商事が提供している加工装置では、樹脂や金属の加工が可能になっています。
小ロットや試作品などにも対応できるので、新しい製品を作る際にも役立ちます。
小型で複雑な加工も行えるので、精密部品の製造など、スピードと正確性、制度が重要視される場合に力を発揮します。

ショールームで実際に確認することが可能

株式会社マス商事で取り扱っている商品が見たいという人は、ショールームで確認をすることが可能です。
そこで株式会社マス商事が運営するショールームについて詳しく確認していきましょう。

・ショールームはどこにあるのか

株式会社マス商事が運営しているショールームは、本社に存在しています。
本社は神奈川県横浜市港北区新横浜3丁⽬13番12に存在しており、最寄りの駅は新横浜駅です。
新横浜駅にはJR東海道新幹線、JR横浜線、横浜市営地下鉄ブルーラインの3路線が通っています。
東海道新幹線を使えば遠くからでも来ることができますし、駅から歩いて8分なので、十分徒歩でも行くことが可能です。
ショールームを見学するには、事前に予約が必要になっています。
わからないことがある場合には、電話やファックスでも問い合わせをすることができますが、株式会社マス商事のホームページから問い合わせをするのがよいでしょう。
サイト内にショールーム来場予約というページがあるので、簡単に予約をすることができます。

・禁止されていること

株式会社マス商事のショールームを見学する際には、禁止事項もあるので事前に確認をしておきましょう。
禁止事項というのは、デモ中に動画の撮影や写真の撮影、キャプチャーなどを行わないこと、事前に予約をすることなどです。
他にも見学は最長で2時間程度であることなどもありますが、近年は新型コロナウイルスの影響で、参加人数の制限も行われています。
そのため、大人数での来場は控えなければいけません。
また、来場した際には株式会社マス商事の担当者の指示に従い、迷惑がかからないように見学をしましょう。

・WEBデモも行われている

新型コロナウイルスの影響で出張をするのが難しい、来場するのに時間がかかりすぎるなどの理由で、ショールームを見学したいのに、できないという人もいるでしょう。
株式会社マス商事では、このような人でも安心して見学ができるように、WEBデモというのを開催しているのです。
WEBデモというのは、簡単に言えばオンライン上でショールームを見学することです。
オンラインなので出張費がかかることもありませんし、移動する時間も不要なので、効率的で経済的な見学方法だと言えるでしょう。
デモ中にここが見たいなどのリクエストも可能になっているので、実際に見学をしているのと大差はありません。
音声も聞き取りやすいように配慮されていますし、映像もできる限り高画質で提供できる物を使用しているので、安心して見学することができます。

塗布装置の中でもディスペンサーに力を入れている

株式会社マス商事では、たくさんの装置を取り扱っているのですが、その中には塗布装置と呼ばれている物もあります。
そこで株式会社マス商事が取り扱っている塗布装置に関して詳しく見ていきましょう。

・塗布装置とは何か

塗布装置は大きく分けると2つの役割があります。
それは機能を付与することと、表面の処理を行うことです。
機能を付与するというのは、例えばプラスチック材を用いた場合、本来であればプラスチックが持っていない耐熱性を強くするなどがあります。
他にもガラス製品に柔軟性を持たせたい場合などに塗布装置を使用します。
表面の処理とは、表面に塗装を施したり、薬剤を施したりすることを指します。
表面の処理を行うことによって、撥水性や耐候性などを高めることができるのです。

・ディスペンサーを多く取り扱っている

塗布装置にはいろいろな種類があります。
例えばロールコーターやスピンコーターなどですが、株式会社マス商事ではディスペンサーを多く取り扱っています。
主な種類としては、YAMAHAのYSDや、武蔵エンジニアリングのAERO JETなどです。
他にもいろいろと取り扱っているのですが、ディスペンサーは種類によって吐出方式が異なっています。
最も普及しているのは空圧方式と呼ばれているタイプで、エアパルスによって押し出す方式の物です。
空圧方式とは逆に、空気の力を必要としないのが容量計量式と呼ばれているタイプになります。
使用する塗液によってタイプを使い分けるのが一般的なので、最適なディスペンサーを使いたい場合には、株式会社マス商事の担当者に気軽に聞いてみましょう。

・詳しい情報を見ることもできる

株式会社マス商事のホームページには、製品の詳しい情報も記載されています。
例えばディスペンサーを使用したい場合、形式やサイズ、重量や対象となる基盤の寸法など、人によっていろいろとあるでしょう。
株式会社マス商事では、ディスペンサーの種類をクリックすると、選択した機械の詳細情報をチェックできるので、気になることを調べることができるのです。
かなり詳しく情報が記載されている上に、動画でも確認をすることができるので、大半の内容は知ることができると思ってよいでしょう。
もし自分が知りたい情報が記載されていない場合には、株式会社マス商事まで問い合わせてみればよいのです。
すぐに問い合わせができるように、製品の詳細情報が記載されているページの下層には、問い合わせフォームが配置されています。

マウンターの導入も行っている

株式会社マス商事では、マウンターの導入も行っているのですが、マウンターというのはどのような機械なのか、どのように使用されているのかなどを紹介していきます。

・搭載工程で使用されている機械

株式会社マス商事が行っている搭載工程で、導入されている機械の多くはマウンターになっています。
しかし、マウンター以外にも株式会社マス商事では取り扱っている機械があるのです。
それは部品挿入機やソフトウェアの導入です。
部品挿入機はアルファーデザインというメーカーの物を使用しているのですが、挿入した後のクリンチやカットなどを行う機械になります。
挿入する位置を間違えないようにする機能や、未実装などを防止する機能が付いている製品です。
他にもソフトウェアを導入することで、効率的で生産時間を短縮することが可能になります。

・マウンターとは何か

株式会社マス商事が搭載工程で使用している機械は、マウンターと呼ばれている物が主流となっています。
株式会社マス商事が使用しているマウンターのメーカーはヤマハで、たくさんの種類を取り扱っています。
このマウンターという機械はどのような物なのかというと、簡単に言えば電子部品を自動で決められた場所に設置するための物です。
電子部品はプリント基板と呼ばれている物にはんだ付けをして取り付けるのですが、手作業ではかなりの能力を必要とします。
数が少なければまだよいのですが、数が多いと時間がかかりすぎるので、マウンターを導入して機械化したいという要望があるのです。
画像で設置場所を認識することができ、電子部品はトレーなどで運ばれ、所定の場所に取り付けることができます。
導入する場合には、適切なマウンターを選ぶことが重要ですが、どれがよいのかわからないこともあるでしょう。
そんなときには株式会社マス商事の担当者に、遠慮なく聞いておきましょう。

・マウンターのメリット

マウンターを導入することで、いろいろなメリットがあります。
最大のメリットは、電子部品をプリント基板に自動で取り付けてくれるので、作業時間を大幅に削減できることでしょう。
他にも正確な作業が可能になるので、設定方法を間違えなければ、ミスをする心配も殆どありません。
中には多言語に対応している種類もあるので、外国にある工場に導入することもできるのが大きなメリットです。
株式会社マス商事ではいろいろな種類のマウンターを使用しているので、わからないことや不安なことは導入をする前に相談をしてみましょう。